TextPad 検索  |  コンタクト  |  ホーム   
製品情報
TextPad  |  WildEdit

 

始めに  |  概要  |  機能  |  仕様  |  スクリーンショット
  • MS Windowsユーザーインターフェース デザインガイドの4つの推奨項目を満たします。
  • 非常に大きなファイルでも編集可能です。編集できる最大の大きさについては仕様 をご覧ください。
  • Universal Naming Convention (UNC) 方式のファイル名そしてスペースを含めた長いファイル名が使えるようになりました。
  • 16-ビット Unicode, UTF-8 及び シングル,ダブルバイトの8-ビットテキストファイルが扱えます。
  • DOS, UNIX, Macintosh, Netscape などの行端の異なるあるいは混ざったファイルが扱えます
  • カスタマイズ可能な CUA 互換キーボードコマンド。
  • カスタマイズ可能な カラーシンタックス表示。
  • 32-bit版は、仮想メモリーの最大量まで、16bit版は 32,500行まで、一行 4096 バイトを扱えます。
  • リソースの限界まで同時に多くのファイルを編集できます。
  • MS Windows 上に導入された全てのフォントで表示できます。
  • 最大 32 このタブ位置が設定できます。
  • 最大 16 (設定可能)個の最近使用したファイルをリストできます。
  • 最大 64個のユーザー設定コマンドがツールメニュに設定できます。
  • 最大 64 個のキーストロークマクロがマクロメニューに設定できます。